審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】

審査が通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説します。「アルバイトやパートでも作れるクレジットカードはどれ?」と審査に疑問がある方におすすめ。ネットを使った簡単なカードの作り方も大公開しています。

買い物をするときに便利な審査が甘いクレジ

買い物をするときに便利な審査が甘いクレジットカードですがネット上には審査なしでカードは作れるの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカード発行は不可能です。

基本的には申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返済されないということを1番避けたいです。

なので申し込みが入ると年収からいくらまで貸せるか、以前、返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が増えてきているのが携帯料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

最近では、電子チケットの利用増など様々な場面で利用する機会の多いクレジットカードですが、必要なものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード会社によってはマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められる場合もあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座振替依頼書を利用して金融機関口座を登録する場合は、入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

最近、ライブなどの場面で電子チケットが普及してきました。

その中には審査が甘いクレジットカード払いのみ可能などクレカを持っているのが当然のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、審査が甘いクレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということが発生しないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、フリーターなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると予想されます。

クレヒスについては支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

クレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を出していないのにどうやって収入を確認しているのかを調べてみました。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

申し込み時に提出された年収情報は、そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から申込者の働いている業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいだろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

違いが大きいと判断された場合は収入証明書の提出が必要になります。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、審査が甘いクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、基準は厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面はローンできる額がいくらまでになるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してくれる人なのかを見ています。

大きい買い物をする際やネットショッピングなど色々な場面で便利になる審査が甘いクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを作っていない人にとって申し込み時に不安を感じるのは審査基準がどうなっているのかわからず落ちるかもしれないということです。

一般的に審査で重要とされているのがクレジットヒストリーです。

クレジットヒストリーとは、今までのローンなどの支払いのことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンなどでも信用情報は重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、申し込みは勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では返済履歴などの信用情報のように重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

その場合、古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので審査に落ちてしまうと思い申し込んでいないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は年収400万円以上の方向けが多いです。

クレジットカードを作りたいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいかわからないという場合もあるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を作っている場合が多く審査に通るのが難しいカード会社も中にはあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

自分から申し込みを行うカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして審査が甘いクレジットカードを挙げる人も多いそうです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちから少額でもクレカ決済を利用して返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆に作ってはいいもののカード決済の返し忘れが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】 All Rights Reserved.