審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】

審査が通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説します。「アルバイトやパートでも作れるクレジットカードはどれ?」と審査に疑問がある方におすすめ。ネットを使った簡単なカードの作り方も大公開しています。

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く

就活が終わり社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる先輩社会人も多いです。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済しておくことでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む場合の審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレヒスが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく水道料金などの公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

周りの人にできれば知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことや審査が甘いクレジットカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

300人のうちの約2割の人が電話がかかってきたという結果になっていました。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、審査が甘いクレジットカードが必要な時が増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを発行元は見ています。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社はどうやって収入情報を確認しているのでしょうか。

実は審査の時に確認しているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の会社の年収の平均を知っているはずがないので当然ですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中からその業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収も同じくらいだろうというデータから予測し、そのため、よほどの乖離がなければ本人申告された年収で評価が行われます。

そのため、よほど怪しくなければ本人申告された年収でスコアリングが行われます。

乖離が大きい場合、怪しい場合は収入証明書の提出が必要になります。

高い買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカードで払う方が多いのではないでしょうか。

ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには商業施設で申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

審査が甘いクレジットカードについて周りの人に話を聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に連絡をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に電話のないカード会社というものはなく連絡がくる可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いカード会社の特徴として言われているのが、最短〇〇フンなどのスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、すべての申込者に対して、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用するクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なもの、用意するものは何があるのでしょうか。

まず、審査時に必要なのは免許証やパスポートなどの本人確認書類です。

申込者が学生の場合は学生証のコピーなども本人確認書類として提出が認められます。

他には、利用料金を引き落とす銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所はどのカードでも必要です。

口座情報などを入力する際に間違えてしまうと入力ミスでも虚偽申請と取られることがあります。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を入力する欄がありますよね。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

審査が甘いクレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古い審査が甘いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

審査が甘いクレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでいないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどの非正規雇用でも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを作る際の審査で重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

審査が甘いクレジットカードについて調査していると時折このような話を聞きます。

それは住宅ローンを払っていてもクレカは発行できるの?ということです。

サイトによっては銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカとは別になっていて関係ないと思っている人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを問題なく返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

滞納せずにローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある別の部分を疑ったほうがいいでしょう。

見落としがちな原因は公共料金の払い忘れなどです。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】 All Rights Reserved.