審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】

審査が通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説します。「アルバイトやパートでも作れるクレジットカードはどれ?」と審査に疑問がある方におすすめ。ネットを使った簡単なカードの作り方も大公開しています。

周りの人にあまり知られたくない内容ってあり

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作る場合知られたくない人は多いと思います。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、カードを作った300人に対してアンケートを行った結果、約2割の人が連絡がきたという調査もありました。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社によってはその確率が低い場合もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとして多いのが審査が甘いクレジットカードだと言われています。

なるべくなら大学生のうちに作って利用しておくべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローン審査で有利になります。

逆にカード決済でトラブルが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレカの支払いだけでなく公共料金や携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増えてきました。

イベントによっては審査が甘いクレジットカード払いしかできないなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいいレベルです。

そのため、審査が甘いクレジットカードを作ろうとした際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査時に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ローンなどのお金関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

審査が甘いクレジットカードの場合、勤続年数1年以上が条件になっていることが多いですが社会人なりたての人をターゲットにしているカードでは1年未満でも大丈夫です。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそれほど影響力を持たないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を入力するケースもあります。

その場合、古い審査が甘いクレジットカードの利用履歴が出てきたら嘘の情報がすぐにバレてしまうことになます。

家事手伝いと専業主婦、働いていないのでクレカを作る際に同じように感じますが、実際は大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと載せたした場合はほぼどのカード会社でも審査に落ちると考えていいと言われています。

逆に主婦の場合は、カード会社によっては審査に通る場合があります。

なぜかというと主婦の場合は養ってくれる夫の存在があるからです。

夫が正社員として働いていて継続して安定した収入が見込めれば返済も行われるだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないということもあるため新たに作る場合は年会費無料のカードに申し込みましょう。

ここ数年で、電子チケットの利用など様々な場面で利用する審査が甘いクレジットカードですが、申し込みをするのに必要なもの・書類は何があるのでしょうか。

まず、審査時に必ず必要なのは免許証などの本人確認書類です。

カード発行会社次第ですがマイナンバーカードのコピーなども本人確認書類として認められることもあります。

他には、利用料金の引き落とし先の銀行口座と発行したカードを送ってもらう住所は必要になります。

口座を入力する際などは口座手帳などを手元において金融機関に登録した銀行印を押すことが必要になります。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができるクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に申し込み、審査に合格しないと発行されません。

審査で重要なのは継続して安定した収入が入るのかと信用情報です。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと公共料金やカードローンなどが期日までに返済されているかなどの情報です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若い人に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れをするだけでなく、引き落とし日に口座に口座に料金代が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネット通販など利用する場面の増えているクレジットカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどのイベントで電子チケットが活用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますが即日審査・即日発行できるカードもあるんです。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

ローンやクレジットカードの審査時に重要なことって何かわかりますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

場合によっては職業などの属性という人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば利用できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫そうなのかを見ています。

職業などの部分も安定した収入が入ると考えられる正社員なのか、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることがあります。

信用情報は他のローンの支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

大きい買い物をする際やネット通販など色々な場面で活用されているクレジットカードですが、新社会人の人などはまだ作っていないという人も多いと思います。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がわからず落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのがクレヒスです。

クレジットヒストリーとは、ローンや公共料金などの支払い履歴のことです。

審査の際にカード会社は信用情報を記録している機関に情報照会をして過去にトラブルが発生していないかを確認しています。

住宅ローンを組むときなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】 All Rights Reserved.