審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】

審査が通りやすいクレジットカードを分かりやすく解説します。「アルバイトやパートでも作れるクレジットカードはどれ?」と審査に疑問がある方におすすめ。ネットを使った簡単なカードの作り方も大公開しています。

仕事先の人にあまり知られたくないことってあり

仕事先の人にあまり知られたくないことってありますよね。

ローンを組むことや審査が甘いクレジットカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、カードは作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

この結果から絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、申し込むカード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

大きい買い物をする際やネットでの買い物、電子チケットなど色々な場面で便利なクレジットカードですが、新社会人の人など若い人の中にはまだ作っていないという人も多いのではないでしょうか。

まだカードを持っていない人にとって不安なのは審査基準がどうなっているのか不明で落ちるかもしれないということです。

基本的に審査で重要とされているのが信用情報です。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略でローンなどの支払い履歴のことです。

審査時にカード会社はこの情報を記録している機関に情報照会をして過去に未納や滞納を起こしていないかを確認しています。

住宅ローンなどでもクレジットヒストリーは重要なので早いうちに実績を作っておきましょう。

みなさんがクレジットカードを申し込んだ時にカード会社は収入証明を提出していないのにどうやって収入を確認しているのでしょうか。

実は審査の時にチェックしているのは収入だけではないんです。

まぁ全国の企業の年収の平均を知る方法がないので当然のことですね。

そのため、どんな風に年収情報を分析しているのかというと過去の利用者の中から同じ業界、職種で勤続年数が何年くらいだから年収もこのくらいの金額だろうというデータがあり、そのデータと比べて変な部分がないかと見ています。

そのため、よほどの乖離がなければ本人が申告した年収でスコアリングが行われます。

例えば、家電量販店の30代後半くらいの年収を20代前半でもらっている場合などです。

高い買い物をする際に現金を用意せずに買い物ができる便利な審査が甘いクレジットカードですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかと信用情報です。

クレジットヒストリーとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

ここ数年で増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングで入っていなかったということもあるので注意しましょう。

ネットで買い物する際に使うクレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど選択肢が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

審査基準は独自で設けている場合が多く審査に通るのが難しいと言われているカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという単語をテレビなどで聞いたこともあると思いますがこの2つに関しては年間のカード使用額が一定以上になった時などにカード会社から案内されないと作れません。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

できるだけカードを早く作りたい方は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

審査が甘いクレジットカードをまだ持っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用では都市伝説のような話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用でカードを申し込む際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったカードに申し込んでいるか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している条件があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

ここ数年で、イベントなどで電子チケットが普及してきました。

場合によってはクレジットカード払いのみなどほぼ必需品のようになっていると言ってもいい状況です。

そのため、クレジットカードの申し込みで審査通らないということがないように大切なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは継続して安定した収入が入っているかや職業などの属性がどうなのか、クレヒスは問題ないかという部分です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると噂されています。

信用情報については支払い期日があるものがちゃんと払われるかを見られています。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では返済履歴など重要な項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまうこともあります。

古いクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなり働いている期間がバレてしまうことになます。

買い物をするときにキャッシュレスで便利な審査が甘いクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行できるの?という質問をする人をよく見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

申し込み時に必ずカード会社側で審査をします。

その理由としてはカードの発行元からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると年収などを見ていくらまで貸せるか、前に返済を滞納していたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

1回だけなら大丈夫なことも多いですが複数回滞納すると落ちる可能性が高まります。

高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金でしか払わないと決めている人も中にはいると思いますが多くの方は審査が甘いクレジットカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

ただ、社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

初めてカードを作るときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や手軽にできるインターネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいクレジットカード9選【即日発行できるカード2ch情報】 All Rights Reserved.